FC2ブログ
IMG_6361補正1

300年前の儒学者「貝原益軒」が、

83歳の時にあらわした

健康指南書「養生訓」


「貝原益軒」は、
70歳まで幕府のおかかえ儒教学者として勤め上げ、
その後70歳から執筆活動をはじめました。
なんと、亡くなる84歳まで続けます。

”健康で亡くなる直前まで執筆を続ける”
という幸せな一生を送った人が、
後世の人々のために書き残した
長年の経験と知識に基づく健康指南書です。

現在ある「食養」についての考え方の
基になった本でもあります。


貝原益軒は、
江戸時代の常識からいうと、
驚異の長寿・健康者といえるでしょう。

当時は鎖国時代。
多くの状況が今とは違います。
とはいえ、健康について、生命について、
大きな理念と世界観で貫かれた健康論です。


「自分のからだを健康に保つのは、自分の責任である」

そして、

「父母への感謝。宇宙への感謝」

です。


生きとし生けるものは、すべて
父母と宇宙(天地)から与えられてこの世に存在し、
よって、父母と宇宙に感謝し健康を保つべきである。

また、宇宙の「元気」によって健康であるべきなのだが、
病気になるのは、精神が弱いためだ。

肉体の支配者は精神でなくてはならない。
よって、病になるのも健康をたもつのも、
自分の責任である。


とも。
え〜?!
わかってはいても、そうできないのが常なんです。。

なんとも、耳に痛い言葉ですよね。


ですが、その後も健康の指南書としてベストセラーを続け、
たくさんの人々に読み継がれてきた理由が
中にはあるはずです。
全てが、現在にあてはまるとはいきませんが、
少しづつ紹介していきたいと思います。


そして、少しでも
みなさんの健康のお役に立てば幸いです。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック